添乗日記

山玄茶のお昼と特別公開 初夏の名庭めぐり 沙羅双樹とハンゲショウ

半夏生の季節に合わせて公開される建仁寺塔頭・両足院の庭園では
葉の一部が花のように白くなり庭中が光り輝くような光景
この時期ならではの美しさ

今日は文字通り真っ白に輝いています

座敷を抜ける風は涼しく
大抵の方がかなりゆっくり過ごしていかれます

極上の接待席としても定評のある「山玄茶」
カウンター席でデザートまでのおまかせコースを
ゆっくり堪能します
ウニ乗せの冷たい茶碗蒸しから

ハモ・北海道産ニシン・賀茂なす
夏至の頃らしい食材です

6月末に行われる「夏越の祓(なごしのはらえ)」は、半年分のケガレを落とす行事
この後の半年の健康と厄除けを祈願します
京都には「夏越しの祓」の日に食べる伝統的な和菓子「水無月(みなづき)」があります
ういろうの上に邪気を祓うあずきがのった三角形のお菓子で
三角形は削りたての氷を表しています
本日も自家製の水無月を頂きました

妙心寺塔頭・東林院
沙羅双樹で知られます

日本で言う沙羅はナツツバキ
朝に開花し、夕方には落花する一日花

お茶とお菓子の接待

境内の花はすべて白いものでした
偶然でしょうか

 

気温は30℃まで上がりましたが
清々しい一日となりました

添乗員:徳永 恵

 

 

 

 

 

2019-06-25

コメントは受け付けていません。

電話するお問い合わせ↑ Page top

このペーシの
トップへ