添乗日記

かやぶき音楽堂コンサート 石窯ダイニングのお食事

まずは昼食、亀岡のオーベルジュ「烟河(けぶりかわ)」
おしゃれで落ち着いた空間の中でコースランチをいただきました

天明4年建築の古寺旧本堂をザイラー夫妻が譲り受け
平成元年に南丹市胡麻の里に移築して有形文化財の音楽堂として蘇りました

珍しい座布団コンサート
かやぶきの大屋根なので
2階、3階席には「はしご」で上がります

和子・ザイラーさんの銅鑼(どら)の合図でコンサートが始まります
今回はピアノとバイオリンとチェロ
とても豪華な顔ぶれです

休憩の合間にはケーキとハーブティーで一服

こんな感じの“手作りコンサート”
本日も満席

アンコールも聞けて大満足
帰りにはなんとおにぎりをいただけます
皆さん頬張りながら帰路につき

電車でお越しの方は田園の中を
散策しながら駅まで15分

明日の日曜は亡きザイラー氏の誕生日
コンサートはちょうど400回を迎えます

添乗員:徳永 恵

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019-06-17

コメントは受け付けていません。

電話するお問い合わせ↑ Page top

このペーシの
トップへ