添乗日記

祇園おくむらのお昼 天得院と廬山寺のキキョウ

今回は2つのキキョウの寺を訪ねました
京都御苑の東、紫式部ゆかりの廬山寺

2月の節分行事でも有名
お釈迦様ゆかりの菩提樹の実が鈴なりに

紫式部の歌碑

キキョウはちょうど見頃
白砂と苔との対比が凛としています

食事処に少し早く着いたので
周辺の散策
ここ、テレビで見た!
そう、そこです!

桜の季節には大勢のお客様で賑わいます

おまたせしました
ノレンは青もみじの色

みなさんと乾杯の後は
冷たいスープから

ずいき(黒い器)や器も和食を彷彿とさせます
右下の小さい皿もあじさい模様
憎いね~~

着席時からず~~っと気になっていた「黒い物体」
ついに私達の目の前に!
さて??最初は賀茂なすかと思いましたが

実は白身魚のフリット(西洋風天ぷら)でした
黒色はもちろんイカスミ
ここで疑問その②
ステーキを食べやすいようにスライスされていますが
その切り落とし(端っこ)の行く末を尋ねてみました
「フォン・ド・ボー(ダシ)」の材料になることもあるし
私達の(賄いで)お腹に入ることもあります
と、笑っておられました

デザートにはやはり出ました
イエローマジック!
白いのはもちろんチョークではありません
甘さと酸味が交互に楽しめる美味しいマジック
ごちそうさまでした

お店をあとにしてすぐ
何やら行列が・・・
参院選が近いしなあ
あれ?桶??

花魁(おいらん)もいる!
なぜ花魁かわかりませんが
どうやら淡路島からの「はも道中」
『祇園祭の時期にハモが地元町内でもよく食されるため
別名「鱧祭(はもまつり)」と呼ばれることや
淡路の国が朝廷に水産物を献上する「御食国(みけつくに)」として
ハモを納めていたことにちなんだ恒例行事で
今年で11回目』(産経新聞より)

八坂神社西楼門では
出迎えの方々がお待ちかね
ちょっと得した感のサプライズです

こちらはつい先日の
サミット開催中に各国代表の奥様たちが
立ち寄られたところ
紅葉の頃には観光客で一杯です

青もみじの頃には来たことがないけど素敵ね~
と、ご参加のお客様

東福寺塔頭の天得院も
キキョウの寺と知られます

廬山寺とはまた違った趣のキキョウ
梅雨の晴れ間の爽やかな一日でした
7月24日の「祇園祭とハモ会席」出発いたします

添乗員:徳永 恵

 

 

 

2019-07-07

コメントは受け付けていません。

電話するお問い合わせ↑ Page top

このペーシの
トップへ