添乗日記

ラシームのお昼と山王美術館10周年記念展 フランス近代名画展

大阪市内のホテルの中にある美術館へのご案内です
食事までに時間があったので造幣博物館へ
入口で迎えてくれる時計は明治9年(1876年)6月に
工作方技師大野規周が製作したもの
当時の工場の正面に取り付けられ定刻に鐘を鳴らし
局内に時刻を知らせていました
今も現役で毎正時に鐘が鳴ります

館内は一部を覗いて撮影OK 
大判は字のごとく非常に大きい
この大判の場合の価値は・・・
☆5つです!?!?!

海外の記念コインも

市内でもレトロな建物がいくつか見受けられる三休橋筋

今日のお昼はその通りに位置します

ルノワールを始め近代日本美術界の礎を築いた名匠たちの美術品を
洋画・日本画・陶磁器と幅広く収蔵する美術館
今年8月に開館10周年を迎えるのを記念した
「コレクションでつづる、フランス近代名画展」を観覧

今回は撮禁が多くて残念ですが
食事も観覧も本当に楽しんでいただけたようです

添乗員:徳永 恵

2019-07-11

コメントは受け付けていません。

電話するお問い合わせ↑ Page top

このペーシの
トップへ