ツアー情報

祗園祭後祭見物 「トルコ至宝展」観覧 夏の味覚ハモ会席

【出 発 日】 2019年7月24日(水)
【旅行代金】 お一人様 28,000円
【旅行日数】 日帰り
【最少催行】7人
【旅行地】

【補足】

食  事:昼1
募集定員:15名

【催行】

日本三大祭りの一つ、祇園祭後祭(あとまつり)の山鉾巡行が行われます。くじ取らずの橋弁慶山を先頭に計10基の山鉾が都大路を進み、同日10時に八坂神社を出発する花傘巡行とともに暑い京都の夏を彩ります。あえて観覧席をとらず、町並み歩きをしながらごく短い時間楽しみたいと思います。天神祭と同じく祗園祭に欠かせないのがハモ。京都で夏一番のごちそうとした訳はハモが極めて強い生命力を持ち、海から遠い京の都まで運ばれてきても鮮度を保つことができたからだそうです。ハモといえば、の老舗二傳でハモ会席をいただきます。午後は「トルコ至宝展」へ。トルコ国民がこよなく愛する花・チューリップがあしらわれた宝飾品、工芸品、食器、武器、書籍などを通して悠久の歴史と多様な文化が育んだ華麗な美が紹介されます。オスマン帝国と日本の皇室の交流を示す品々のほか、そのほとんどが初来日となる約170点の作品をご御覧下さい。

宝塚(8:00)=川西(8:30)=千里(9:00)=祇園祭後祭見物(山鉾巡行と花笠巡行)=二傅(鱧料理)=国立近代美術館(トルコ至宝展)=各地(17:15予定)

コメントは受け付けていません。

一覧へ戻る

電話するお問い合わせ↑ Page top

このペーシの
トップへ