ツアー情報

美濃焼めぐりと 奥多治見の隠れ家フレンチ 「シェ・ブラウゼ」

【出 発 日】 2019年3月1日(金)
【旅行代金】 お一人様 25,000円
【旅行日数】 日帰り
【最少催行】7人
【旅行地】

【補足】

食  事:昼1
募集定員:12名

【催行】
【状況】残席わずか

陶器好きの方にお勧め、窯元の集まる多治見でも特色ある2か所をめぐり隠れ家フレンチをゆったりいただくコース。岐阜県神社庁御用窯の蔵珍窯(ぞうほうがま)では、椿の柄の陶器ばかりを集め、花器には椿の生花を活け、年1回まさに椿づくしの展示会を開きます。赤色の絵具にこだわる窯元で赤い椿はいっそう美しい、と趣向をこらした展示会には毎年ファンが通います。開窯1804年、ミシュランにも選ばれる幸兵衛窯では、歴代幸兵衛の素晴らしい焼き物の数々を鑑賞します。この時期なんとミュージシャン世良公則の初個展を開催中。森の中に建つフレンチ「シェ・ブラウゼ」はカフェやバームクーヘン工房などを併設する森の中の複合施設にあります。シェフのスペシャリテ『グレープフルーツの釜焼き』をはじめ、生クリーム・バターを使わない『ヘルシーポタージュ』等技と経験に裏打ちされた献立に新たな発見があるはずです。

宝塚(8:00)=川西(8:30)=千里(9:00)=多治見アルティストビラージュ「シェ・ブラウゼ」(昼食)=蔵珍窯(年に一度の椿展)=幸兵衛窯(世良公則 作陶展見学、陶器の銘品鑑賞)=各地(18:00予定)

コメントは受け付けていません。

一覧へ戻る

電話するお問い合わせ↑ Page top

このペーシの
トップへ